Uncategorized

30代未経験からwebマーケター目指す人のための志望動機の書き方

そもそもなぜ志望動機が必要なのか?

そもそもなんで志望動機を求められるのでしょうか?

単純に「”webマーケティングに興味があるから”じゃダメなの?」って思いませんか?

志望動機を書こうとする前に、志望動機が必要な理由を考えてみましょう。

あなたが採用担当者だとして、応募者が「webマーケティングに興味があるからです」って言ってきたら、どう思いますか?

  • 「そりゃそうだろうね」
  • 「なんで興味もったんだろう?何かきっかけがあったのかな?」
  • 「興味もったってどれくらいの興味なんだろう?ちょっとなのか?ガッツリなのか?すでに何か行動してたりするのかな?」

こんな感じで、わからないことばかりだと思うんですよね。

こんなわからないことばかりだと、「この人はうちでも活躍してくれそうだ」「この人と一緒に働きたい」とは思えないと思うんですよね。

志望動機で見られる4つのポイント

志望動機で見られていると思われる4つのポイントを挙げてみます。

  1. 結論ファーストで書いてあるか?
  2. 結論の根拠となる理由や具体例があるか?
  3. webマーケティングの仕事がどういう仕事かわかっているか?
  4. 熱意や覚悟が伝わってくるか?

1,2は形式的なことで、3,4は内容のことです。

書いてみて、これら4つのポイントが満たせているか確認してみてください。

選考通過率を上げる志望動機のフォーマット

決まったフォーマットに沿って書くと、志望動機が一気に書きやすくなります。

フォーマットは以下のとおりです。

結論:私がwebマーケターになりたい理由は、〜〜〜です。

理由:それは〜という理由からです。

具体例:過去に〜〜〜〜という経験をして、webマーケティングに興味を持ちました。過去の〜という経験から、webマーケティングの仕事をやりたいと思いました。

結論:ゆえに、〜〜〜という経験や〜〜〜〜理由で、私はwebマーケターになりたいです。

PREP(プレップ)法というやつですね。

【具体例】20社の書類選考に通過した僕の志望動機

書き方の例として、僕の志望動機をお見せします。

これまで20社の書類選考を通過したので、それなりに説得力はあると思います。

アフィリエイトブログ運営を通して得た「PDCAを素早く回していける強みを活かす」と「数値目標達成へのこだわり」を両立できることから、Webマーケティング職に転職したいと考えました。

 ブログ運営を通じて、PV向上やCV獲得など、数値目標達成のために、自ら素早くPDCAを回していくことが自分の強みではないかと思うようになりました。ブログ運営では、「ユーザーは何を求めているのか?」「何をすればユーザーの役に立てるか?」など、自ら仮説を立て、記事コンテンツを制作・更新して参りました。①ブログへの流入を増やす施策 ②集客記事からCV記事への流入を増やす施策 ③CV記事からのCVを増やす施策を並行して進めてきました。その結果、2年半で◎万円の収益を出すことができました。

 このようなPDCAを素早く回していける強みを活かし、御社のWebマーケティング職として、自社の売り上げ向上、顧客への価値提供、社会の発展に貢献していきたいと思っております。

【5つのステップで解説】志望動機を書く手順

僕が実際にやっていた、志望動機の書き方を紹介します。

以下の5つのステップで進めていきます。

  1. webマーケティングと自分の接点の洗い出し
  2. webマーケティングのどういうところに惹かれたのかの洗い出し
  3. webマーケティングを通して実現したいことの洗い出し
  4. PREP法のフォーマットに当てはめる
  5. 文章を整える

STEP1〜3が材料集めで、

STEP4でフォーマットに材料を入れ込んで、

STEP5で文章に落として完成、という流れです。

STEP1 webマーケティングと自分の接点の洗い出し

以下の2つを行います。

  • 今の生活の中で、webマーケティングと自分の接点を洗い出す
  • なんでwebマーケティングに興味をもったのか、過去の経験を洗い出す

今の生活の中で、webマーケティングと自分の接点を洗い出す

  • アフィリエイトブログをやってる
  • YouTube見てて、動画広告を目にした
  • タクシーに乗った時、動画広告を目にした
  • 電車に乗った時、動画広告を目にした
  • Twitterをやってて、広告を目にした
  • よく通販でものを買う
  • 課金アプリを使ったことがある

なんでwebマーケティングに興味をもったのか、過去の経験を洗い出す

  • アフィリエイトブログで成果が発生した時めちゃくちゃ嬉しかった
  • 動画広告を見て、これはどういうターゲットを狙って作られているんだろうと興味をもった

STEP2 自分がwebマーケティングのどういうところに惹かれたかの洗い出し

  • 需要が伸びてるから今後収入が上がりそう(将来性、お金)
  • 人の心理に興味がある(自分の興味関心にマッチ)
  • 数値の分析をするのが好き(自分の好きなことにマッチ)
  • 専門的なスキルが身につきそう(スキルの獲得)
  • 時間や場所に縛られずに働きたい(働き方)
  • 将来独立したい(働き方)

STEP3 自分がwebマーケティングを通して実現したいことを洗い出す

自分、会社、社会という3つの視点で、webマーケティング業務を通して実現したいことを洗い出します。

(自分)

  • 収入を上げる
  • 時間や場所に縛られずに仕事する
  • 専門的なスキルを身につける

(会社)

  • 会社の売り上げに目に見える形で貢献する
  • 事業のリーダーとしてチームを引っ張る
  • 新規事業を立ち上げる

(社会)

  • コロナの影響で店舗売り上げが落ち込んでいる企業を支援する
  • 自分が前職で働いていた業界を盛り上げる
  • 少子高齢化の影響で過疎化が進んでいる地域の地方創生に貢献する

STEP4 フォーマットに入れ込む

STEP1〜3で集めた材料をPREP法のフォーマットに入れ込みます。

結論:私がwebマーケターになりたい理由は、〜〜〜です。

理由:それは〜という理由からです。

具体例:過去に〜〜〜〜という経験をして、webマーケティングに興味を持ちました。過去の〜という経験から、webマーケティングの仕事をやりたいと思いました。

結論:ゆえに、〜〜〜という経験や〜〜〜〜理由で、私はwebマーケターになりたいです。

STEP5 文章を整えて完成

何度も読み返し、違和感がない文章に整えて完成です。

まとめ

今回は、僕が実際にやっていた志望動機の書き方を解説してきました。

少しでも参考になったら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。