転職

Webマーケターへの転職を目指すあなたには僕の失敗してほしくない

未経験からWebマーケティング職を目指しています。経験者に気をつけたほうがいいポイントについて聞きたいです。

こんなお悩みにお答えします。

未経験からWebマーケティング職に就きたいと考える人が増えています。

未経験からWebマーケティング職への転職に成功した方の経験談はそれなりに出てきますが、失敗した方の失敗談は少ないです。

この記事は、未経験からWebマーケティング職を目指している方に向けて、150社に応募し1社を除いてほぼ全滅した筆者が、自身の失敗経験とその原因を詳しく解説します。

Webマーケティング職への転職を考えている方に参考になればうれしいです。

僕がやってしまった失敗とは?

僕がやってしまった失敗とは、数あるWebマーケティング職の中で職種を絞らずに、手当たり次第に受けてしまったことです。

Webマーケティング職とひと口に言っても、さまざまな領域・職種があります。

  • 広告運用
  • SEO
  • セールスライティング
  • LP制作
  • クリエイティブ制作(バナー、動画、画像など)
  • オウンドメディア運営
  • アクセス解析
  • ECサイト運営
  • webディレクター

※上記のほかにも、まだ僕が知らない領域もあるかもしれません。

 

ビビリ
ビビリ
僕は上記のなかで特に職種を絞らずにむやみに応募して痛い目に合いました。

職種を絞らずに応募すると失敗する3つの理由

職種を絞らずに手当たり次第に応募すると失敗する理由は、下記の3つです。

  1. 志望理由がブレてしまうため
  2. 自己PRが中途半端になってしまうため
  3. キャリアビジョンがブレてしまうため

志望理由がブレてしまうため

職種を絞らずに手当たり次第に応募してしまうと、志望理由がブレてしまいます。

たとえば広告運用のコンサルタント職に絞って応募する場合、志望理由は1つでOKですが、SEOコンサルタントにも応募しようとすると、それぞれ別の志望理由を考える必要があります。

広告運用のコンサルタント職とSEOのコンサルタント職では職務内容やキャリアパスが大きく異なるため、「結局自分はWebマーケティング職に転職して何をしたいのだろう?」「そもそもなんでWebマーケティング職を目指すようになったんだっけ?」と迷走してしまいました。

自己PRが中途半端になってしまうため

職種を絞らずに手当たり次第に応募してしまうと、自己PRがどれも中途半端になってしまいます。

広告運用のコンサルタント職に応募したときは、Google広告の資格を取得したり、自分で広告を運用した実績があると自己PRになると考え実行していました。

一方でSEOのコンサルタント職に応募したときは、SEO上位獲得を目指してブログ記事を書いたり、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)やウェブ解析士の資格取得の勉強をしていました。

どちらも転職活動の自己PRに使えるほどの実績を作るためにはかなりの時間がかかるため、両方を同時並行で進めた結果、案の定どちらも中途半端になり挫折しました。

キャリアビジョンがブレてしまうため

職種を絞らずに手当たり次第に応募してしまうと、キャリアビジョンがブレてしまいます。

職種を絞らず応募していた僕は、面接官に「うちに入ったら、入社後どうなっていきたいですか?」と質問されたときに、うまく答えられませんでした。

「結局自分はどういうキャリアを歩みたいんだっけ?それはなんでだっけ?」と悩みまくりました。

面接を受けるたびに、自分がどこを目指しているのかわからなくなり、沼にハマってしまいました。

ビビリ
ビビリ
面接によって器用に使い分けられる方はそれでもいいと思いますが、僕にそんなことは無理なので、職種を1つに絞る必要がありました。

まとめ:あなたには僕と同じ失敗をしてほしくない

あなたには僕のような失敗をしてほしくありません。

Webマーケティングの領域はかなり幅広いにもかかわらず、複数の職種を手当たり次第に応募して失敗しました。

 

「Webマーケターになった後にどうなりたいのか?」を考えずに、単純に「Webマーケターに転職すること」を目標に転職活動を進めてしまうと、志望動機やキャリアビジョンがわからなくなり迷走することになります。

ビビリ
ビビリ
いつの間にか「Webマーケティング職に転職する」という手段が目的になってしまっていました。

 

未経験からWebマーケターを目指すなら、「Webマーケティング職なら何でもOK」と数打てば当たる方式で応募するのではなく、職種を絞って応募することをおすすめします。

 

そのためには、綿密な自己分析をする必要があります。

  1. そもそもなぜWebマーケティング職に転職したいのか?
  2. Webマーケターに転職したら、どんなことを実現したいのか?
  3. 上記を実現するためには、具体的にどの職種・領域だと叶えられそうなのか?

上記を妥協せずに考え抜く必要があります。

 

あなたには僕のような失敗をしないだけでなく、本当に納得いく転職にしてほしいので、この記事を書きました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

追記:4ヶ月間で150社に応募し、セールスライター職の内定を1社いただいたのですが、辞退してWebマーケティングと全く関係ない福祉業界のベンチャー企業に転職しました(2021年8月)。

その後紆余曲折あり、2022年2月に再び30代未経験からWebマーケティング職を目指して転職活動を開始しました。

Twitter(@bibiri0925)で転職活動を逐一報告しています。

同じく未経験からWebマーケターを目指している方はぜひお互い頑張りましょう!