Webマーケター転職

私がどの転職サイトを使っていたかとそれぞれの選考通過率結果まとめ

この記事は、

  • webマーケターを目指して転職活動中の人
  • どの転職サイトを使えばいいか知りたい人

に向けて書いた記事です。

私は2021年3月からwebマーケティング会社150社に応募し、30社の面接を受け、

そのうち1社から内定を頂くことができました。

この記事では、

  • 私がどの転職サイトを使っていたのか
  • どの転職サイトの選考通過率が高かったのか

を公開します。

webマーケターを目指して転職活動されてる方の参考になればうれしいです。

どの転職サイトを使っていたのか?

wantedly、Green、エン転職、doda。

おもにこの4つを使っていました。

転職サイトごとの結果は以下の通りです。

※下の表は横にスクロールできます。

応募数一次選考二次選考最終選考面接回数書類通過率
wantedly416501126.8%
Green2300114.3%
エン転職40603922.5%
doda20400420.00%
マイナビ転職4002250.00%
リクナビNEXT8100112.50%
直応募1510016.6%
ITプロパートナーズ10011100.0%
表の見方
  • 一次選考=一次面接まで行ったが、二次選考には進めなかった数
  • 二次選考=二次面接まで行ったが、最終選考には進めなかった数
  • 最終選考=最終面接まで行った数
  • 面接回数=書類通過数

※一次面接=最終面接、二次面接=最終面接という企業もあり、それらはすべて最終面接にカウントしています。

wantedlyとエン転職がわりと書類通過率や面接通過率が高かったので、メインで使っていました。

マイナビ転職は、通過率は悪くないのですが、未経験可の求人数が少なかったように思います。

Greenは書類通過率がかなり悪く、自分とは相性が悪いなと感じていました。

直応募は転職サイトよりも通過率が高くなることを期待していたのですが、自分の場合はそうはならなかったですね。

ITプロパートナーズというのは、転職のエージェントさんです。

エージェントさんの方で各企業に私の書類を見せて、通ったところで1社面接を組んでもらいました。

これはあくまで私の場合なので、これだけで「Greenは使わない方がいいんだ」とは思わないでくださいね。

まずはどれも登録して使ってみて、そのうち自分と相性の良いサイトをメインで使っていけばいいと思います。

転職サイトごとの特徴や印象

wantedly

他の転職サイトに比べて、掲載費用が安いことから、スタートアップやベンチャー企業が多い印象です。

社員個人のインタビュー記事などのコンテンツから、最も企業のカルチャーがつかみやすい応募サイトだと思います。

Green

Greenの企業詳細ページでは、その会社がこれまでどんな事業をやってきて、どんな特色があるのか。

そして現状でどんな課題を抱えていて、これからどんなことをやっていこうとしているのか。

といったことがわかりやすい印象です。

エン転職

エン転職は、未経験可の求人数が多いと思います。

未経験可の求人には、「業界未経験」と「職種未経験」の2つがありますが、おすすめは「職種未経験」です。

なぜなら、「業界未経験」は、「web業界は未経験だが、他の業界では法人営業やマーケ・企画職経験あり」であるのに対し、

「職種未経験」は「マーケという職種が未経験」という意味だからです。

doda

dodaもエン転職と同様、比較的未経験可の求人が多かったように思います。

(まだデータが調べられてないので、これからデータ集めます・・・)

私はエン転職の方が相性が良いと感じたので、途中からエン転職中心でやっていましたが、dodaも登録しておいて損はないと思います。

マイナビ転職

マイナビ転職とリクナビNEXTは使ってからだいぶ期間が空いているので、あとで思い出して加筆します。

リクナビNEXT

マイナビ転職とリクナビNEXTは使ってからだいぶ期間が空いているので、あとで思い出して加筆します。

wantedlyの使い方や注意点

wantedlyは、選考の流れが他の応募サイトとやや異なっているので、使い方を説明します。

wantedlyは、カジュアル面談という独自のシステムがあります。

流れとしては、

プロフィールを作成→応募→企業からカジュアル面談しませんか?と連絡くる→カジュアル面談→書類選考→一次面接→二次面接→最終面接

という流れになります。

なかには、面接回数が1回だけの企業もあります。

注意したいのが、カジュアル面談も選考に含まれている点です。

企業の採用担当者は、「今日は選考とは関係ないので、リラックスして臨んでください」と笑顔で話してくれますが、間違っても真に受けないでください。

カジュアル面談で、あなたの第一印象が決まります。

(企業側は絶対にそんなことは言いませんが、)

カジュアル面談後の書類選考では、カジュアル面談での印象も選考基準に含まれているはずです。

そのため、カジュアル面談では、あらかじめ企業研究を済ませておくなど、少しでも良い与えられるように準備して臨みましょう。

まとめ

今回は、未経験からwebマーケターを目指して転職活動中の方向けに、

私が転職サイトを使い、それぞれの転職サイトごとの選考結果がどうだったかを説明しました。

最後に肝心なことを書き忘れていました。

内定を獲得した1社は、エン転職経由です。

少しでも「どの転職サイトを使えばいいんだろう?」という方の参考になれば幸いです。

「webマーケター転職活動で、もっとこういうことが聞きたい」ということがありましたら、Twitterにメッセージ頂ければ幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。