転職活動

【失敗談】転職先が決まるまでは今の仕事をやめない方がいいという話

転職活動中の方やこれから転職を考えている方に向けて書いています。

私が伝えたいことはシンプルで、「転職先が決まる前に仕事をやめない方がいいですよ」ということです。

本記事では、自分の体験談を交えながら、その理由を詳しく解説しています。

結論:転職先が決まるまで今の仕事はやめるな

内定をもらって次の職場が決まる前に、今の仕事をやめることはおすすめしません。

なぜなら、もし内定がもらえず、ずっと転職活動が続いた場合、生活がきつくなるからです。

自分では「まあ多少苦労しても2ヶ月後にはどこかしらに決まっているだろう」と思っていても、万が一取れなかった場合、貯金がどんどんなくなっていくからです。

体験談:転職先が決まる前に仕事をやめた結果・・・

私は、転職先が決まる前に、仕事をやめました。

2020年12月末で仕事をやめました。

なぜ転職先が決まる前に退職したかというと、「どんなに遅くとも2021年3月ごろにはどこかしらに決まっているだろう」と考えていたからです。

しかし、実際には2021年3月になっても内定は1つも取れず、2021年6月現在も転職活動を続けています。

半年間、仕事に就かず転職活動を続けた結果、貯金はついに10万円を切りました。

家賃や生活費のほかに、

  • プログラミングスクールの受講料の引き落とし
  • スポーツジムの会費
  • iDeCoの引き落とし

などがあり、ついに今月末で支払えなくなる事態になりました。

まとめ:今の仕事を退職するのは、転職先が決まってからにしよう

すでに痛いほど伝わっていると思いますが、あなたは私のようにならないように気をつけてください。

本当は、転職先が決まってから、「そう言えばあの時は大変だったなぁ〜」と懐かしい気持ちで書きたかったのですが、まだ転職活動の終わりが見えないので、もう書いてしまうことにしました。

このブログでは、転職活動で苦戦する私が、転職活動に苦戦している立場だからこそ思ったことや気づいたことを発信するブログです。

筆者が無事転職を果たせるその日まで、たまに読みにきてくれたらうれしいです。

読んでいただきありがとうございました。