Webマーケター転職

ランサーズで初めてWebライティング案件を獲得するまでにやったこと

こんにちは、ビビリと言います。

30代未経験からWebマーケターへの転職を目指して、転職活動をしています。

Webマーケター転職でアピールできる実績を作るために、ランサーズでWebライティング案件をやってみることにしました。

ランサーズを選んだ理由は、初心者でも比較的案件が獲得しやすいと言われていたからです。

ランサーズに登録してから、約2週間で、法人企業様からWebライティング案件を2件受注することができました。

今回の記事では、Webライティング実務経験ゼロの自分が初めてWebライティング案件を獲得するまでにやったことを書いています。

  • 副業としてWebライティングで稼ぎたい人
  • Webマーケター転職でアピールできる実績を作りたい人
  • 高単価のSEO案件を獲得するための実績作りとして、Webライティング案件を獲得したい人

にとって、参考になると思います。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

Webライティング案件を獲得するためにやった3つのこと

  1. 実名・顔出し
  2. 応募フォームに自分のブログ記事のURLを載せる
  3. プロフィールにブログのSEO実績を載せる

実名・顔出し

1つめは、実名・顔出しです。

理由は、「この人は実名・顔出しだから、途中で投げ出したり、連絡が取れなくなるといった無責任なことはしないだろう」と思ってもらうためです。

実績がないので、発注者側からすると、「この人は最後まで責任を持ってやりきる人だろうか?途中で投げ出したりしないだろうか?」という心配があると思いました。

ランサーズを見てみると、ほとんどの登録者が匿名で、画像なしの人も多いです。

そのため、実名・顔出しにすると、それだけで差別化になると思いました。

このように、発注者に安心・信頼していただく目的で、実名・顔出しにしました。

応募フォームに自分のブログ記事のURLを載せる

おそらくこれが案件獲得に最も効果的だったと思います。

ブログ記事のURLを載せてから、それまでは応募しても反応なしだったのが、いくつかメッセージをいただけるようになりました。

自分が最も力を込めて書いた自信のある記事を3つ選び、応募フォームに載せました。

案件によっては、「自分が書いた記事のURLを載せてください」と書いてある案件もありますが、書いてない案件もたくさんあります。

「自分の記事のURLを載せてください」と書いてなくても、載せた方が当選しやすくなると思います。

プロフィールにブログのSEO実績を載せる

Googleサーチコンソールを使い、ブログで上位表示しているキーワードを見つけ、20位以内を取れているキーワードをリストアップし、そのうち10個を載せました。

僕のブログはドメインランクがたった2しかない弱小ブログですが(このブログではありません)、それでもいくつか20位以内に入っていました。

1語での上位はさすがに難しいですが、3語とかだと普通に上位を取れてるキーワードが見つかったりするので、ブログをやっている人は、ぜひ一度調べてみてください。

Webライティング案件をやってみて大変だったこと

記事を書くのに思った以上に時間がかかりました。

僕が受注した案件は、記事のテーマとタイトルはすでに決まっていて、記事の見出しと文章を依頼されました。

記事構成を作るのに5時間、記事のライティングに10時間かかりました。

記事構成づくりは上位記事分析(競合分析)も含むので、5時間かかってもしょうがないかなと思いましたが、記事のライティングに10時間もかかるとは予想していませんでした。

初めての案件だったため、どこまでのクオリティが求められるのかわからなかったので、何度も読み返し修正を重ねました。

結果的に納品して一発 OK をいただけたので、ホッとしました。

最初は満足していただけるものを納品し、1つ1つ信頼を積み上げていくことが大切だと思うので、ある程度時間をかけてもいいのかもしれませんが、少しずつ効率を上げていきたいと思っています。

Webライティング案件をやって良かったこと

自分のライティングスキルに自信が持てたのが良かったです。

今まで自分の書いた記事を誰かに評価してもらったことがありませんでした。

内心「ダメ出しの嵐だったらどうしよう?」「こんな記事では受け取れない」なんて言われないかと、ちょっと心配していました。

しかし、実際やってみて1回で OK をいただけて、自分のライティング力に自信を持つことができて良かったです。

まだ1件納品しただけなので、これからたくさん経験を積んで、スピード・質を上げていければと思います。

Webライティング案件獲得に関するQ&A

ここからは、案件を獲得する前の自分に答えるつもりで、Q&A形式で書きます。

Q.納期はどれぐらいですか?納期はどうやって決めたんですか?

A.当初の納期は2週間でしたが、自分から1週間を提案し、1週間になりました。

できるだけ早く、転職活動で実績としてアピールしたかったからです。

Q. 何か心がけたことはありますか?

A. メッセージにできるだけ早く返信することです。僕は現在離職中ということもあり時間があったので、毎回1時間以内に返信していました。

Q.ランサーズで案件を獲得するためにやっておいた方がいいことはありますか?

A.自分のブログを持っていれば、渾身の記事を2つか3つ書くのがいいと思います。

応募するときにライティング力を示すことができ、アピールとして使えるからです。

Q.SEO上位表示実績をプロフィールに載せないとダメですか?

A.どのような案件を獲得したいのか、何のために案件を獲得したいのか、にもよります。

僕はWebマーケターの転職活動でアピールできる実績を作ることが目的だったので、SEOライティング案件に絞って応募していました。

しかし、「副業としてWebライティングで稼ぎたい」という目的であれば、SEOライティングにこだわる必要はないので、SEO実績を載せる必要はありません。

ライティング案件はSEOを目的としたものに限らず、シンプルに「記事を書いて欲しい」という案件もたくさんあります。

これからWebライティング案件獲得を検討している人へ

Webライティングの実務経験がなく、ブログで大した実績がない僕でも、案件を獲得することができました。

今回の記事で書いたことの中で、SEO上位表示は時間がかかりますが、それ以外はすぐにできるものばかりなので、1週間で頑張って2記事書いて、それを応募するときにアピールすれば案件が獲得できると思います。

最初の1件を獲得すると、次の1件はわりとすぐに決まります。

僕は、最初の1件を獲得した2日後に2件目を受注できました。

Webライティングは副業の中では、比較的とっつきやすい部類に入ると思うので、文章を書くのが好きな方は、是非チャレンジしてみてください。

初心者でも案件を獲得しやすいWebライティング案件を見つけやすいのは、ランサーズとクラウドワークスが有名です。

どんな案件があるのかチェックしておくと、「あ〜こういう感じなんだ」とわかってもらえると思います。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

今回の記事を読んで、少しでも参考になったらうれしいです。

TwitterでWebマーケター転職やWebマーケティングに関する情報発信もしていますので、良かったらチェックしてください。

この記事の感想や質問など頂けたら、喜んでお答えします。